エイジングケア化粧品でオールインワンはどう?

肌はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドなどから成りますが、30代を境としてそれぞれの成分が減少していきます。
そこで、エイジングケアが必要となります。現在は様々な種類のエイジングケア化粧品が販売されています。化粧水から美容液、クリームなど一連のシリーズとして販売されているものも多くありますが、手間がかかるうえに費用もかさむという欠点があります。また、皮膚のためには、洗顔後すぐに化粧水を塗布し乾燥を防ぐためのフタを素早くする必要があります。そのような点をカバーするものとして、オールインワン化粧品が増えてきています。特にオールインワンゲルは多数販売されています。
オールインワンゲルの特徴としては、1つで化粧水、乳液、美容液、パックまたは化粧下地ができるということです。配合成分もエイジングケア化粧品に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドを含んだものがほとんどです。その他にも、コラーゲンの合成を高めたり美白成分として話題となっているプラセンタを配合したものや、紫外線から発生ししわなどの原因となる一重項酸素除去機能の高いアスタキサンチンを配合したもの、肌質改善効果のあるアミノ酸を配合したものなどが販売されています。
オールインワンであるため、成分を素早く肌に閉じ込め浸透させることができ、効果的です。パック機能のあるものは夜メイクを落とした後に、化粧下地機能のあるものは朝洗顔後と使い分けもでき、自分に合った成分の配合された製品を選ぶことでエイジングケアが手軽に行えます。
オールインワン化粧品選びは、肌質別に選びたいものです。しかし、オールインワンはどの肌質でもOKみたいな感じがします。乾燥肌の方にオススメですよ。敏感肌でも使えますよ。とあれば分かりやすいんですけどね。
肌質別 エイジングケア 化粧品